ウォーキングするなら、せめて靴下だけでも専用の物を買った方がいい理由とは?

ウォーキングといえば、特に道具を購入することなく、今日からでもすぐに無料で始めることができるというのが魅力の1つです。しかし、出来れば靴下だけでも専用のものを買った方がいいと感じたので、その理由について書いてみたいと思います。

 

本当は、靴も専用の物を購入するのがおススメですが、結構高いので…

otoku-urara.hatenablog.com

 

 

私が靴下にこだわったほうがいいと思ったきっかけ

私は、雨の日はウォーキングシューズではなく、合皮の靴を履いて散歩したり、買い物に出かけることにしているのですが、

otoku-urara.hatenablog.com

以前、雨の日に合皮の靴で結構歩いたところ、足の指に水ぶくれができてしまったことがあります。その時以来、雨の日は無理に歩くのをやめたのですが、ある日、ウォーキングに行く気満々で、ウォーキング用の靴下を履いて準備していたのですが、雨が降ってしまったので、その靴下を履いたまま、合皮の靴を履いて買い物に行ったことがあります。その際、それなりの距離を歩いたのですが、足を全く痛めることなく帰ってくることができました。

 

この経験から、ウォーキングには靴下が重要なのかもしれないと実感しました。

 

色々な靴下を試して、私が最終的にコレだ!と思うものに辿り着いたので、その靴下のどこがいいのか、その魅力などについて書いてみたいと思います。

 

5本指靴下がやめられない!

ウォーキング用の靴下は色々ありますが、私は、5本指靴下一択です。理由は、5本指靴下じゃないと、長距離を歩いた場合、隣の指の爪が刺さって、水ぶくれができたり、血が出てきたりするからです。これは、個人の足の指や爪の形によるものかもしれませんが、夫も血が出るからと、ランニング時は5本指ソックスを履いているので、こういったタイプの人は、5本指ソックスにすると、とても快適に歩くことができるのでおススメです。慣れるまでは、ちょっと違和感がありますが、歩いている最中は、全く気にならないと思います。

 

滑り止めがあると歩きやすい!

足の裏に滑り止めがあると、かなり歩きやすくなります。坂道では、靴の中で足が滑るのを防いでくれますし、足指の裏に滑り止めがあると、つま先で蹴りだしやすくなります。滑り止めで、靴の中で足が安定するので、靴ずれや足を痛めるのを防いでくれます。

 

強度は重要!

毎日歩くと、靴下の指先や、足の裏にに穴があくのは仕方ありません。ですが、穴が開きにくい頑丈な靴下を選べば、長く使い続けることができます。それなりのお値段がしますが、1年以上大丈夫なものもあり、安いものを頻繁に買い替えるよりは、コスパはいいのではないかと思います。3足1,000円とかの5本指靴下だと、足の裏の生地がだんだん薄くなり、すぐ穴があいてしまいました。

 

私がどんな靴下を使ってきたかはこちら

www.otoku-urara.com

 

一番のお気に入りはTABIO

私は、安いものから色々靴下を試してみましたが、最終的に落ち着いたのは、

 

 

タビオ レーシングラン五本指です。

少しお値段は高めとなりますが、滑り止めがついており、とにかく丈夫で、しっかりしています。1年以上使っていますが、まだ穴が開いていません!

 

こちら、ランニング用の靴下として、かなりこだわって作られているようです。

tabio.com

詳細は、公式サイトをご確認ください。

 

デメリットは?

デメリットがあるとすれば、履きなれるまで、5本指の靴下はかなり違和感があると思います。しっかりとした生地で、土踏まず部分のサポートもあるので、脱ぎ履きしにくいです。変に脱ぐと、洗濯する際に、足の指部分を引っ張り出す必要があります。

でもまあこのあたりは、使っていくうちに、慣れていくと思います。

 

最後に

ウォーキングには、靴が一番重要だと思っていましたが、実は、靴下の方が重要かもしれないと思い、その理由を書いてみました。靴下を変えるだけで、かなりウォーキングが快適になると思いますので、足の指や足裏が痛くなるという方は、試してみて損はアないと思います。